お気に入り情報-”投資・金融・保険”

病気にかかったり事故に遭ったりした時、高額な医療負担を軽減するためにあるのが国民健康保険。相互扶助の精神に基づき、創設された公的医療保険です。

毎月収入に応じた保険料を納め、医療を受けた際には医療費全体の3割が自己負担となります。残りの7割については、加入者が収めている保険料の中から支払われるシステムになっています。

ちなみに公的医療保険は、国民健康保険以外にも組合健康保険、政府管掌健康保険、船員保険、共済組合などがあります。なお、日本は「国民皆保険」制度を採用しているため、日本国民はいずれかの公的医療保険に必ず加入しなければなりません。

国民健康保険は、主に農業や自営業者などが加入します。いわゆるサラリーマンの人たちは、勤務先の組合健康保険か、あるいは政府管掌健康保険、船員であれば船員保険、公務員または私立学校の教員であれば共済組合に加入します。

国民健康保険は市町村単位で地域ごとに運営されており、それぞれ医療財政や加入者の収入状況によって若干異なります。また国民健康保険に加入していると、医療費の負担が少なくて済むだけでなく、出産時や死亡時に一時金の給付を受けることができますよ。

 


Warning: file(http://next-level.biz/sys/link/50): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/g-4/link01.html on line 51

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/g-4/link01.html on line 53